読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Where is the milk?

-ヅカ沼にはまったろったのおはなし-

ひとり宙組さん祭*前編

みちふうカウントダウンから必死に目を逸らしているろったです。
もうすぐみちふうが退団してしまうなんてまだ信じられない……。

 

そんなわけで目を逸らしまくって、三連休は一人宙組さん祭を開催していました。

 

まずはエリザベートのブルーレイ!!!
先週無事(?)に昼休みダッシュをキメてフラゲしてあったエリザベートをようやく開封できました!
(平日の間全く見れなかった……ダッシュした意味……)

 

まずは入っていてすごく嬉しかったルドルフの役替わりから。
私が観たのはりくくんルドルフで、観ていて胸がしめつけられる、繊細で今にも壊れそうな儚さがすごく印象的でした。
ずんちゃんは若々しくて、孤独感や苦悩を感じながらも自分がやらないと!っていう使命感に燃える感じのルドルフ、あっきーさんはザ・王子。純粋すぎるぐらい純粋なまま大人になった感じのルドルフという印象。
いい意味でそれぞれ全く印象が違った!これはずんちゃんとあっきーさんのルドルフも劇場で観たかった……!
あっきーさんとりくくんがスターアングル気味で編集されてたので、ずんちゃんルドルフもスターアングル入ってたの嬉しいです。
(しかし花組エリザのブルーレイにはなんでれいちゃんルドルフ入れてくれなかったのか……)

 

そしてお稽古映像を一通り観てから
(止めて戻しての繰り返しなので10分のお稽古映像もあっという間に30分★)(お稽古映像大好き)
いざ本編へ!

 

観に行った時の衝撃を思い出しつつ、
黒天使そらくんをようやく見つけ出しつつ、
愛ちゃんこんなことしてたのかー!とか新たな発見もありつつ、
マダムやっぱり一番の上玉では???って再確認しつつ、
安定の若くてハンサムな皇帝にうっとりため息をつきつつ、

 

何より衝撃的だったこと。
「あ、可愛い子がいる」って観たら全部遥羽ららちゃんだった。

 

「えっめっちゃかわいい」って戻しながら見てたら、案の定全部見終わった頃には一日終わっておりました。
(止めすぎだし戻しすぎですろったさん)(誰かと一緒に見てたらめっちゃ怒られる見方)
シェイクスピアのブルーレイ見た時から可愛すぎて衝撃的だったららちゃん。今度の王妃の館も今から楽しみです!

 

そんな訳で長くなってきたので後編に続く→→→

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村